高田流!日本株の勝ち方 揺れ動く市場を制す!
投資と投機のハイブリッド戦略

日本株で利益を上げる戦略!(新NISAも活用可!) 日本の個別銘柄の日柄と株価の合成チャート、サイクル、変化日、高田流の売買法等、情報満載

「上下動を繰り返しやすい日本株」だからこそ、
「投資」と「投機」を組み合わせるメリットが大きいです。

高田流は、「投資」と「投機」の両方で利益を上げていく手法です。(投資と投機を併用する)

「投資」は、株式市場全体の長期的な上昇を見込む場合や、
その個別株が中長期的に上昇が見込める場合に投資を行って利益を狙うものです。

「投機」は、株価の上下動を捉えて、安く買って高く売り抜ける、これを繰り返します。
株価指数先物やFXであれば下落時には新規売り(ショート)で利益を狙うことも可能です。

投資と投機はこのような違いがありますが、
この2つを組み合わせて利益を狙うことで相乗効果を生み出し、
長期的に利益を積み上げていくのが高田流の手法です。

なぜこの2つを組み合わせると相乗効果が出るのか?
それは、株式市場全体が、長期的に低迷してしまう場合や、長期的に上下動を繰り返して
なかなか上昇トレンドが起こらない期間が長く続いてしまう場合には
この2つを組み合わせるメリットがより活きるからです。

日本株は、1989年12月に向けて長期的な上昇トレンドが続きましたが、
日銀の金融引き締めにより、株式市場のバブルが崩壊し、株価は長い下落トレンドに陥りました。
さらには、2008年にはリーマンショックが起こり、震源地の米国株は大きく下落し、
日本株は震源地ではないにもかかわらず、米国株以上に大きな下落に発展しました。

ようやく2009年3月に安値をつけると、その後は、日本株も米国株も、長期的な上昇トレンドが続きました。
コロナショックの下落も短期間で終わり、その後は金融相場と業績相場により株価は大きく上昇していきました。
このような長期的な上昇相場であれば、「投資」だけで十分な利益を上げることが可能です。

しかし、このような「最高の地合い」はいつまでも続かず、
日本もいずれは金融正常化の道を歩むことになりますので、
金融引き締めにより株式市場が長い期間低迷してしまう局面が来る可能性があります。
近年は飛ぶ鳥を落とす勢いが続いてきた米国株でさえも、
その歴史を振り返ると、「株式の死(The Death of Equities)」と言われる株価が長期的に低迷していた期間もあり、
日本株なら尚更この先の相場において、これが再現されてしまう場合の対処法を考えておく必要がある、というのが私の考えです。

そして、この対処法の一つが、「投資」と「投機」を併用する方法です。

株式投資は、株式市場が長期的に低迷してしまう場合には、難易度が一気に上がってしまいますが、
「投機」については、基本的には難易度は不変です。
即ち、相場の上下動で利益を狙うのが投機ですので、相場が上昇している間は買い戦略で利益を狙い、
相場が下落している間は売り戦略で利益を狙い、相場が行ったり来たりしている間も
一定の上昇期間、一定の下落期間がありますので、その流れに乗ってこまめに利益を狙うことが可能です。
例えば、日経平均の週足サイクルボトムは、1年に概ね2回つけることになりますので、
その1年に2回の買い場を上手く利用し、さらに二段上げ、三段上げに発展する時には
そのトレンドに追随する形で買い戦略をとって高値で売り抜けを狙う戦略をとることも可能です。

このような投機で利益を上げた分は、
その一部を使って週足サイクルボトムや3~4年サイクルボトム時の
株式市場のバーゲンセールで優良株を買います。
これで投機で上げた利益を溶かすことも防ぐことができ、好循環を作ることが可能です。
これが高田流の投資と投機の併用です。
また、投機で磨いた技術は、株の買い場の見極めに活かすことも可能ですので、
投資と投機を併用するメリットは大きいです。

ただし、投機にもデメリットがあります。
投資は、基本的に株価上昇の流れに乗って、この個別株を保有をし続けて利益を狙うのに対し、
投機は、相場の上下動を捉える技術と、売買で勝つ技術が必要だからです。

そこで、皆様の日本株の投資、投機に役立てて頂けるように「高田流!日本株の勝ち方」を用意いたしました。

「高田流!日本株の勝ち方」の内容

日本の個別銘柄について、下記内容を平日毎日更新いたします。

重要日柄一覧
*個別株ごとに重要日柄が異なりますので、株価がいつ頃に高値をつけそうなのか、いつ頃に安値をつけそうなのか、いつ頃に大きな動きが開始しそうなのかは、重要日柄を参考にします。銘柄によって重要日柄が異なりますので、個別株も株価指数もそれぞれの重要日柄を表示します。
サイクル
*個別株も株価指数先物も、サイクルが上昇している時に、その流れに乗って買い戦略を実行して利益を狙うのが鉄則ですので、サイクルの確認は欠かせません。
値動きのパターン(チャート)
*値動きのパターンは概ね決まっている、というのが高田流の考えです。個別株も株価指数もその時の状況から、どのような値動きのパターンがあり得るのかを確認します。
高田流の売買戦略
*重要日柄、サイクル、値動きのパターンをもとに、機械的かつ合理的な売買戦略を立てることが可能です。
当サービス専用掲示板
*ご質問は専用掲示板にて承ります。

「配信時間」
毎週日曜日~木曜日までの週5回(祝日を除く)、夜間にメールでPDFを配信いたします。

「高田流!日本株の勝ち方」はこんな方にオススメ

  • 日本株の高田流の勝ち方を知りたい方
  • 地合いが良い時には投資と投機の両方で利益を上げ、地合いが悪い時は資産を守りながら投機で利益を上げる戦略を目指したい方
  • 利益を上げやすい時に利益を上げ、多くの投資家が負けやすい時には資産を守る戦略をマスターしたい方
  • トレンドが出ている時も、ボックス相場の時も両方対応できるようになりたい方
  • 材料に振り回されて損失を重ねてしまう弱点を克服したい方
  • 高値掴み、安値売りの弱点を克服したい方
  • 日本株の銘柄選別や分析をする方法が分からない方、またはその時間がない方
  • 日本株で合理的な売買戦略で効率よく利益を上げる方法が知りたい方
  • 日本株の重要日柄、サイクル、値動きのパターンを知って売買戦略に活かしたい方
  • 売買技術や分析技術を上げたい方
  • 平日毎日、日本株に関する情報を受け取りたい方

高田流!日本株の勝ち方

3か月コース 50,000 (税込み)
お申込はこちら
6か月コース 90,000 (税込み) 3か月コース×2と比較して、6か月コースは10,000円お得!
お申込はこちら
12か月コース 160,000 (税込み) 3か月コース×4と比較して、6か月コースは40,000円お得!
お申込はこちら
単品購入(1日のみ購読、その日の情報量によって価格が変わります) (税込み) *こちらは1日のみのご購読ですのでご注意ください。上の月刊購読や複数月購読が断然お得です。
単品購入(1日のみ購読)はこちら *こちらは1日のみのご購読ですのでご注意ください。上の月刊購読や複数月購読が断然お得です。

講師紹介

高田智雄 高田資産コンサル株式会社 代表取締役
現役で株式投資や先物•オプション取引、CFD、FXなどを行っており、自身の相場分析やノウハウなどをYouTubeやマガブロ等で日々発信しております。

Q&A

Q.申込の流れを教えてください。
A.こちらの契約書をお読み頂き、同意頂ける場合は、こちらの申込フォームからお申込をお願いいたします。
契約書は電子契約で締結いたしますので、お客様がして頂く作業は契約書をお読みいただき、同意ボタンのクリックのみで完結いたします。

Q.いつからサービスを利用できますか?
A.契約書の同意ボタンのクリックと、代金のご入金の両方が確認できた日の当日または翌日からご利用いただけます。
*土日祝日は事務が休業日でございますので、休み明けにご連絡をさせていただきます。何卒ご了承をお願い申し上げます。

Q.高田の視点を毎日更新「全ては相場で勝つために」との違いは?
A.高田の視点を毎日更新「全ては相場で勝つために」は、日経225に特化した内容で、
「高田流!日本株の勝ち方」は、日本の個別株に特化した内容です。

Q.配信頻度は?
A.日曜日~木曜日の週5回、夜の時間帯にメールでPDFを配信いたします。

Q.質問は?
A.当サービス専用の掲示板にて承ります。売買指示等は行っておりませんので何卒ご了承をお願い申し上げます。

Q.活用ポイントを教えてください。
A.高田流は、高田自身が自己資金を運用し続けて実践経験を積み重ね続けた結果の技術ですので、本当に役立つ実践的な内容であることがポイントです。
机上だけの技術と、実践経験を積み重ねた技術がいかに違うかを、実感して頂けるかと思います。

Q.領収書は発行できますか?
A.領収書のPDFをメールでお送りさせいてただきますのでご希望の際はお申しつけください。

Q.支払方法を教えてください。
A.お支払いはクレジットカード決済(PayPal)または銀行振込で承っております。
*銀行振込はGMOあおぞらネット銀行 法人営業部 普通預金 1183842 タカダシサンコンサル(カ にお振込みをお願いいたします。

Q.単品販売はしていますか?(1日のみの購読)
A.マガブロにて単品販売をしておりますので、随時ご購入いただけます。

「解約、返金、返品、クーリングオフについて」
商品の特性上、解約・返金・返品には応じることはできません。
また、通信販売には、クーリングオフ制度は適用されませんので、予めご了承くださいませ。

「免責事項」
当サービスは不特定多数の方が随時閲覧可能な高田資産コンサルのYouTubeやTwitter、ブログ等で公開している相場の分析手法の最新版として更新しており、投資判断について売買指示、助言、指南を行うものではありません。
当サービスは正確な提供を目的としていますがその完全性が常に保障されるのではなく、
その内容に対して当社は責任を負いませんので、最終的な投資の判断は必ずご自身にてお願いいたします。
当サービスはマガブロにて単発記事の購入が可能で、その内容のサンプルは高田資産コンサルのYouTubeやTwitter、ブログ等で閲覧いただけます。